日本人はどうして英語が苦手なの?

よく、日本人は英語が苦手だと言われますよね。
確かに英語がペラペラな人をあまり見たことがありません。

ではなぜ、日本人は英語が苦手なのでしょうか?

英語教育の問題

まず、日本の英語教育は勉強という意識が強く、とてもかしこまった英語になってしまっています。

実際、わたしが中学生の時にアメリカ人の友達がいたのですが、その子の英語の点数はなんと70点でした。

当然100点を取っていると思っていたのでびっくりした記憶があります。

そのアメリカ人の友達曰く、「日本の英語の授業は細すぎる。こんな長い文法なんて使わない」らしいです。

細すぎるので、頭の中で整理しながら話すのが難しくなり、苦手になってしまうようです。

発音の問題

次に、発音にも問題があります。

英語を日本語に直す時、無理やりカタカナにして表記しますが、これが問題なのです。

たとえば「apple(りんご)」をカタカナに直すと「アップル」となります。

しかし、英語を話す人はアップルなんて発音しませんよね。

ここですれ違いが生じます。

ですので、「アップル」と言っても日本人にしか通じません。

学校の授業はコミュニケーションに適していない

上記のことから、日本の英語教育はコミュニケーションに適していないことがわかります。

勉強するとしても、必須科目だからテスト対策や受験対策のために勉強する人も多いですよね。

言語や文法が違いすぎる

日本語と英語は文法の順番が違います。
そして漢字を使う日本語と、アルファベットの英語では言語の距離も遠すぎるので、習得するのに時間がかかります。

ですので、日本人は英語よりも中国語などの方がはるかに覚えやすいですし、アルファベットを使うヨーロッパなどの国の人は英語が覚えやすいのです。

日本にいると英語があまり必要ではい

周りが日本語ばかりで、特に英語を話せなくて困ったことってないですよね。

例えば、違う民族が多数いる国では英語を話せないと会話が成立しないということもあります。

ですので、日本人は特に英語を必要としていないから、話そうとしないのです。

私の友達で、まったく英語が話せないままアメリカに行き、帰ってきてからは英語が話せるようになった人がいます。
英語を覚えないと会話ができないし、会話を聞いていたらなんとなく理解できるようになったと言っていました。

このように、生活の中で英語が必要になった場合、必然的に覚えられるのです。

まとめ

いかがでしたか?

日本人が英語が苦手なのは、仕方がないことだと思います。

しかし、だからと言って諦めてしまったらもったいないです。
英会話スクールに通ったり、私の友達のように英語圏の国に行ってみるなどして英語を習得できたらかっこいいですよね♪

(文:はる夏)