スーツケースにあるTSA007って鍵穴はいったい何者?

スーツケースのカギのところをよく見ると、TSA002とかTSA007とか書いてある。
これっていったい何者?

使わない鍵穴がある

スーツケースのカギ自体はダイヤルロック式なのに、その横に鍵穴があるんだよね。
でもって、鍵穴の周りに「TSA007」って書いてある。
スーツケースを施錠するのにこの鍵穴は使わないし。
一体、このTSA007ってなんなの?

TSA002やTSA007は、特別な鍵穴

アメリカの空港の手荷物検査する係官がマスターキーで開けることが出来る特別な鍵穴なのです。

TSAはアメリカ合衆国運輸保安庁のこと。
002とか007はTSAロックの種類で、001から011までの11種類があります。

どうして係官が手荷物を開ける必要があるの?

9.11(アメリカ同時多発テロ)の影響で、アメリカ発着の航空機の手荷物や預け入れ荷物のチェックが強化されたのです。
X線検査だけでなく、不審なものについては開封して目視チェックすることになっています。
この際、もし施錠されていると係官はカギやスーツケースを破壊してでも開封するのです。
容赦ないですね。

旅行者からすると、カギを壊されるのはすごく困ります。
旅行の間中、ずっとカギがかからないのは不安だし。
だからといって、空港で施錠しないで荷物を預けるのは不安です。

この問題を解決しようとしたのが、このTSAと書かれた鍵穴です。
正式にはTSAロックといいます。

TSAロック

アメリカの運輸保安庁係官だけがマスターキーを持つことになっていて、荷物検査の際に目視チェックが必要となればTSAロックをマスターキーで開錠、目視チェック実施。その後、再び施錠するという使い道です。

これならば、荷物検査のときだけ開錠され、その前後では施錠された状態なので荷物の中身は安全というわけですね。

現在ではスーツケースのほとんどに、このTSAロックが採用されています。

これはアメリカで運用されている仕組みなので、アメリカ以外の旅行先では無関係な話です♪

TSAロックの現在

TSAロックが運用開始して10年以上たっていますが、これがいろいろと問題が出ていて微妙な状況です。
問題を順番にみていきましょう。

TSAロックなのにカギが破壊されることがある

TSAロックには001~011まで11種類があり、それぞれにマスターキーがあります。ところが、係官がマスターキー11本全てを持ってない場合があるらしく、そのような場合不幸にも破壊されて目視チェックされるようです。
スーツケースを破壊された利用者からすると、なんのためのTSAロックなのよ!って感じですね。

TSAロックなのに荷物の中の高価な品が盗難された例がある

TSAロックによって開錠されたあと、係官によっては再施錠をし忘れたりする事があるとか。これも何のためのTSAロックかわからないですね。

極めつけのマスターキーの流出

なんと最近、マスターキーの一部がネットに流出してしまったそうで、その気になれば合鍵が作れる状況なのです。
これはまずいでしょう。

具体的には、流出したマスターキーは、001から006までの6種類です。
なので、今後スーツケースを買う際は007以降のTSAロックか確認して買うようにしましょう。

TSAロックは逆に危険という流れ

結局破壊されるんじゃぁ、普通のカギと同じだね。って意見もあるし、またマスターキーが流出する恐れがあって、TSAロック自体がリスクなんじゃないか。という意見もあり、要するにTSAロックは有効に運用されているとはあまり言えないようです。

あなたはアメリカ発着の飛行機に乗る際、スーツケースはカギを全て預けるようにしましょう。
だって、壊されたらたまりませんからね♪(じ)